I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

リテイク+キャラクターのイメージを固める練習。思いつき練習方法メモ

リテイクした。
前よりファンタジーっぽさを重視してみた。

f:id:p2ike:20160528114009j:plain

あともっとキャラのイメージを固めるためのシーンラフ

f:id:p2ike:20160528115247j:plain

あ^~お絵かきたのしいんじゃ~

先日思いついた練習方法メモ

ソフトウェア開発には開発モデルというものがある。

ウォーターフォールモデル開発とか、スパイラルモデル開発とか、
アジャイル開発とか・・・

最近の主流はどんなモデルであれ、
イテレーションが重要視されている。
イテレーションは簡単に言ってしまえば何度もレビューを繰り返すこと。

こまめに確認を行うことで、
要求とのズレを修正しながら
良いソフトウェアを作り上げていく。

これって絵の練習でも同じじゃね?と。

絵の練習におけるイテレーション

最善なのは描いては師となる人にレビューしてもらうこと。
学校の先生とか、先輩とか。

でも趣味で絵を練習したいってときに、そういう人は身近にいない。
わざわざ学校や教室に通うほど時間もない。

それなら自分でレビューするしかないじゃない。
その方法を先日寝起きにふと思いついた。

といっても当たり前といえば当たり前のこと。
更に行ってしまえば昨年の1日1枚のときも、最初はやっていた気がする。

やること

  • 1.絵を描く
  • 2.自己レビューする
    • 上手く描けたと思う点、上手く描けなかったと思う点をリストにする
  • 3.絵を描く
  • 4.自己レビューする
    • 前回上手く描けなかった点のリストを引き継ぐ
    • 前回上手く描けなかった点で改善できた部分は完了とする
    • ただし絵によって該当しない部分は、そのまま更に次に引き継ぐ(上半身だけで足を描いていない、など)
  • 3-4を繰り返す

これをやると何が良いか

自分でダメなところを常に把握できる。

また、もしも他人にレビューしてもらえる機会ができたときに、
自身がどこに気づいているのかを明確にできる。

それによってレビューする側も
「ここに気づけていないんだな、指摘してあげよう」
という判断ができるようになる。