I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#344 表情のバリエーションの話

今日の一枚

f:id:p2ike:20160110220452j:plain

なんかいい感じに絵が描きたい気分なのに、
細かい作業がすげーやりたくない変な精神状態になってる。

こういうときは無理に描かない方がいいのかな・・・。

表情のバリエーションの話

f:id:p2ike:20160110220921j:plain

これはなんとなく適当に思いついたものを描いてみただけ。

漫画とかアニメとかで表現されるキャラクターの多くは、
大抵ところどころにこんな感じのデフォルメされた表情が使われる。

目が点だったり、><みたいのだったり。

キャラクターの魅力が性格や表情で大きく変化することは
絵の練習をはじめてから何度も再確認してきた。

そこで自分の創作として、キャラクターの表情について
どうするかということを考えてみた。

デフォルメ表現の利点

最近の作品は大抵デフォルメされた表現が使われている。

デフォルメの良さは、それだけでシリアスな場面なのか、
ゆるい場面なのかが表現できる点だと思う。
つまり、それだけで表現の幅が一気に広がる。

極端な話、無表情の顔しか描けない人でも、
デフォルメされた表現でいい加減にでも顔が描ければ、
キャラクターに表情が付けられる。

デフォルメの表現は表情だけでなく、
チビキャラなどを織り交ぜる手法もよく見かける。

デフォルメ表現のない作品は存在する

TVアニメ「ソードアート・オンライン」では、
実は表情のデフォルメがほとんどない。
「GATE」でも覚えている限りではほとんどなかった気がする。

これら2つの作品は、もちろん常にシリアスというわけではない。
それでも通常の表現だけでキャラクターの表情を表現している。

どうしたいのか

正直できれば僕自身も、自分の作品にはあまりデフォルメ表現は使いたくない。
単純に思い通りに「描けない」というのもあるけれど、
できれば最低限で済ませたいという気持ちがある。

今のところは。

しかし、これを使えるようにするだけで、表現の幅を一気に広げることができる。
できれば使いたくないけれど、便利であることは間違いないので
使えるものは使ってしまいたいという思いもある。

ただでさえ描けないわけだから。

結局

これは良いなと思ったデフォルメ表現も
シチュエーション模写なりで積極的に覚えていく必要がある。

面倒くさいけど、ただ描ければいいわけじゃなくて、
あくまで自分の創造を形にすることが目的だから
時間かけてでも、がんばるしかない。

うあああああめんどくせぇえええけど絵が描きてぇええ