I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#266 今さら陰塗りの重要性に気づいた

今日の一枚

f:id:p2ike:20151024231705j:plain

昨日斜線で仮塗りしていた陰を試しにベタで塗ってみた。

作業

正直面白くもないし、かなり面倒だった。
でも陰塗りとかってタイトル描いちゃったし、
一応ちゃんとやっとこー^o^くらいのいい加減な気持ちで塗り終わり。

f:id:p2ike:20151024225851j:plain

そしてベタでメインの色塗り。
ClipStudioの塗りつぶしが優秀で、
多少開いたままの領域であれば閉じていると判定してキレイに塗ってくれた。

f:id:p2ike:20151024230044j:plain

まだ陰を入れていないからのっぺりしている。
そこで陰のレイヤを上に持ってきて表示してみた。

f:id:p2ike:20151024232154j:plain

ここで今更単純なことに気づく。

あれ、これ乗算合成すりゃいいんじゃね。

f:id:p2ike:20151024230528j:plain

うわ、まじかよ!一気にいい感じになった!\(^o^)/

今まで服とか髪とか肌とかを下塗りした後に
別途クリッピングを使って陰塗りをしていたが、
これなら陰を1つのレイヤで一元管理できる。

しかももともとモノクロで塗っていたことで、
多少いつもより立体を意識することができた気がする。

当たり前のことかもしれないけれど大発見。
しかもこれだと合成方法とか陰の色を変えるだけで
絵の雰囲気を一気に変えることができる。

焼きこみ

f:id:p2ike:20151024230936j:plain

減算合成

f:id:p2ike:20151024231013j:plain

ああ、こりゃ画期的だ。

いつもパーツごとに陰付けてたせいで
塗り終わった後の修正がとんでもなく面倒だった。

割と当たり前の機能だし、
ちゃんと色塗りについて調べていればどこかで紹介されてたかも。
今更だけど気づいてよかった。

今回ハイライトは適当に塗ってしまったけれど、
これ色が「付いている場所」にグレーを置いて、
陰に黒、ハイライトに白を入れてちゃんとモノクロで全部塗ってからやれば
すげーキレイに塗れるんじゃないか、もしかして。