I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#225 ClipStudio試してみる

今日の一枚

f:id:p2ike:20150913044056j:plain

まずは何も考えずに描いてみた。

ポズマニしてるせいなのか、おかげなのか、
筋肉その他の意識は上がった気がする。
リアルな人体をムリにデフォルメしてるせいで
各部のバランスに違和感が出てきてるけれど。

ClipStudioを触ってみた感想

とにかくすげー線が引きやすかった。

ペンの種類が予め色々用意されているのも良い。
FireAlpacaでキレイな線が引けねー!と悩んでいたけれど、
ツールの(理解が足りない)問題が大きかったことを実感した。
ペンの設定ってかなり重要だと思った。

さっそく問題に

なんか線を描いていると、5回に1回くらい線が引けずに
既存の描いた線がレイヤごと移動になってしまう問題にぶち当たった。

線は描きやすいが、頻繁にこれが起こってストレスマッハ。

バグかとも思ったけれど、
流石にないだろと思ってググってみるとヒット。
どうやらデフォルトの修飾キー設定が悪さをしているらしい。

ファイルメニューから修飾キー設定を開き、
対象のツールのCTRLの部分を「共通」にすることで解決する。

www.clip-studio.com

新しいツールを導入するのってこういうのがツラいところ。
慣れてしまえばなんてことないんだろうけど。

3Dモデルも使ってみた

ClipStudioにはさまざまな素材が付属しており、
その一つに3Dモデルが存在する。

これはキャンバス上でグリグリ好きなポーズをとらせて
アタリにできるというもの。

自分でポーズを作るのが面倒な場合は
ポーズリストから探すことも出来る。

f:id:p2ike:20150913045653p:plain

体系や各部の長さ、太さも変更可。

f:id:p2ike:20150913045822j:plain

f:id:p2ike:20150913045848j:plain

f:id:p2ike:20150913045930j:plain

f:id:p2ike:20150913050018j:plain

慣れないと好きなポーズをとらせるのが面倒くさそうだけど、
これを使いこなしたらバランスで悩むことはなくなるかもしれない。
問題は如何にして自分の好みのベースモデルを用意するかくらい。

自分で一から作ってしまうか、
既存のものの体系を詳細に変更して保持させるか。
それだけでもやれば後はほげほげするだけ。
お絵描き初心者には神ツールかもしれない。

キャラクターを描きたいだけなのに、
人体の知識を一から身につけるとなると、どうしても面倒くさい。
その辺をすっ飛ばして、すぐに絵を描くことを楽しめる。
これは大きい。

とはいえ個人的には3Dモデルのアタリなしでも描けるようになりたいので
ポズマニは続けていきたいところ。
ただこのモデルを使った練習も勉強になるから
積極的に使っていったほうがいいのかもしれない。

なんかSAIかClipStudioどっちにするかなーと思ってたけれど、
もう既にClipStudioでいいんじゃないかと思ってきた。
2つのツールを比較するために色々覚えるの面倒だし・・・(´・_・`)

30日フリーらしいから、ツール周りでも少しずつ色々試してみようと思う。
ライセンス5000円らしいから買っちゃってもいいんだけど。