I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#093 後姿の修正と脚の長さ

今日の一枚

f:id:p2ike:20150504074213j:plain

昨日描いた後姿があまりにもひどかったので、
何がひどいのかを考えてみた。

脇の位置

後ろから見た脇の位置は思っていたよりも下らしい。
今回のように胸部と腕を別に描くと、
どうしても接続部(肩)が小さくなりがちだけれど、
実際自分で鏡をみてみると、
思ったよりも肩ってのは大きい。

脇からくびれのライン

前回、そして今回改めて描いた後姿(左)が
女性を意識して描いたつもりなのに
まったく可愛さがなかったのには、
このラインが大きく関係していることが分かった。

ヒロマサのお絵かき講座本で改めて確認してみると、
女性の脇からくびれのラインは、
かなり角度がついていることに気付いた。
反対に男性は今回描いたものと同じように、
どちらかといえば垂直に近いラインとなる。

つまり男っぽくなっていた。

【マンガ】ヒロマサのお絵描き講座<体の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

【マンガ】ヒロマサのお絵描き講座<体の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

尻の位置

尻には肉がのっていることから、
前から見たときの股の位置に比べると、
下尻は少し下寄りになる。

腰の最大ふくらみ位置

先日、脚にこだわるとかいうタイトルで記事を投稿した。

p2ike.hateblo.jp

ここで最大ふくらみ位置は
股よりも少し下にくる・・・と書いた。

書いたはいいけれど、
それがなんとなくバランス良く見えるというだけで、
実は理由がなかった。

しかしこうして背面を書いてみて気付いた。

尻の肉が下がるからじゃん!

脚の長さ

人間の脚の長さは、
大体上半身(股より上)よりも少し短いらしい。

体本を買う前、ネットで検索したサイトにそう書いてあった。
確かにこの知識は間違いではないと思う。

ヒロマサのお絵かき本では、
股の位置は大体全身の半分くらいだと書かれていた。
(ただし実際には少し下になる・・・とキチンと注釈もされている。)

しかし僕はこのリアルな情報になぜかこだわって
股の位置を半分より少し下に描くようにしていた。

今回、初めて真面目に後姿について考えてみて、
やっぱり体の半分を基準にした方がいい気がした。

理由は2つ。

今後動きをつけていく中で、
手足が長く描くほうが勢いのある動きを表現できること。

後姿を描くときに、
股の位置から更に尻が下がることから、
どうしても後姿が寸胴になってしまうこと。

お絵かき本にもあるように、
理解した上で表現のためにバランスや形を変えるのは
必要なことだと改めて思った。

まだ魅力的な後姿が描けるようになったとは言えないけれど、
少しはマシになったのではないかと思う。
更に細かい部分に気付いて直していけるようにしていきたい。

早く動きのあるポーズの練習がしてぇでござる