I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#057 お絵かきマンってすごい

今日の一枚

f:id:p2ike:20150329023053j:plain

最近こうして絵を練習していることも含めて、
人に見られる絵やデザインを考える機会が少し増えた。

そんな中、どうしても自分の絵が
魅力的に見えないのかをちょくちょく考えていた。

答えは少し前、記事にして書き残したように、
キャラクターを魅力的に感じるのは表情があるからだ。
そう結論に至った。

しかし、
昨日みたいに表情を持った絵を描いてみても、

「あー、描いた描いた。」

それくらいの感想しかなかった。

色んな人の絵を改めてみる

最近はてなブログを始めたことで、
いろんな人のイラストを見る機会が増えた。
それらは自分で描いた絵なんかよりも数倍人を惹き付けるものがあった。

なぜなのか。

今日ふとシャワーを浴びているときに気付いた。
僕の絵はストーリー性がないんだと。

描かれたキャラクターから伝わってくるものがない。

とはいえ

それって実はかなり難しい。

こういう絵が描きたいな、そう思ってペンをとる。
適当に思い浮かんだイメージを形にしていく。
ところが時間をかけて完成した絵は、
どこか無情緒でさびしいものになってしまっていた。

絵で成功している人は、ここに大きなチカラがある。
たった1シーンの絵に状況やキャラクターの感情を押し込める。

絵を描ける人は案外結構いる。
しかしそれで食べていける人というのはそれほど多くない。
絵を仕事にする人は他人のイメージするシーンにすら、
人を惹き付ける魅力を付加することができる。

どうしたらいいのか

今のキモチを絵にするところから始めたらいいんじゃね?

そう考えた。
それも実際は難しい。表現の幅が狭いからだ。
けれど自分の中で悶々としたキモチを表現することは、
脳内でイメージしただけのものを形にするよりはラクなはずだ。

まだ描ける構図も少ないし表現するチカラも足りない。
でもちょくちょくこういう練習はしていった方が
いいのではないかと思った。