I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#051 アオリとフカンのアゴの形

今日の一枚

f:id:p2ike:20150323215550j:plain

今後のためにアオリとフカンの基本的なアゴの形を改めた。
アオリはもちろんのこと、
なんとなく分かった気になっていたフカンも、
完全に勘違いしていたことが分かった。

昨日描いたで分かるとおり、
フカンのときのアゴは僕の中で丸になっていた。

f:id:p2ike:20150323215920p:plain

実際は顔の形から下を向くとアゴはより鋭角になる。

f:id:p2ike:20150323220103p:plain

こういうちょっとしたことって、
分かっている人からすれば当たり前のことかもしれないけれど、
そんなこと考えたこともない人、分からない人にとっては
ちょっとした発見。

デッサンと絵の上達について

絵を上手くなりたければまずはデッサン。
これはよく言われることだと思う。

僕も昔美術でやらされたりした。
30秒ドローイングを毎日10ポーズ5分やるだけで上達する!
そういう話をみてポーズマニアックスで
1ヶ月弱くらい続けたこともある。

何度もパターンを描くことによって覚える方法。
これは続ければ確かに効果のある練習方法だと思う。
しかし絵の初心者にとりあえずデッサンしとけというのは
間違っているんじゃないかと最近思う。

まずは体のパーツや基本的な配置を理解し、
その上でそれらを崩さないように意識して描くようにしなければ、
それはただの作業になってしまう。

もちろん何度もデッサンすることで
少しずつそういう部分を気付いていくというのも方法だけど、
それには本気で人体について取り組む姿勢がなければ難しい。
モチベーションも続かない。

毎度毎度先生みたいな人がいて、
次はここを注意しなさいと指摘してくれるならいいけれど、
独学では中々気付けないことが多い。

30秒ドローイングやデッサンはまたやってみたい。
しかしその前にどこをどう注意すべきなのかを
整理していければと思う。