I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#045 ナナメ横顔のアタリについて研究中

今日の一枚

f:id:p2ike:20150317081239j:plain

ナナメ横顔について研究中。
なんとなく自分の中での手順が掴めてきた。

ただしナナメは1度ずつ分ければ90パターンあるわけで、
これらに柔軟に対応できる基準を考えるのは難しい。

研究中

f:id:p2ike:20150317083239j:plain

ナナメ横顔で気をつけるべきポイントは、
輪郭はもちろんのこと、耳の位置、目の形、
目の位置など色々とある。

今回特に重要だと思ったのは
奥の目の位置と左右の顔のバランス。

奥の目

f:id:p2ike:20150317083705p:plain

先日までナナメ横顔における奥の目は、
こんな風に輪郭に収めて描いてしまっていた。

しかし実際には大体45度くらいから、
輪郭に被るようになってくる。

f:id:p2ike:20150317084038p:plain

もちろん右側のように輪郭内に納める表現もあるが、
何気にこれはバランスを取るのが非常に難しい。

左右の顔のバランス

前回、ナナメ横顔における左右のバランスは
同じくらいでいいのではないかと考えた。

しかし、素直にそれに従って描こうと思うと
顔が詰まって見えて、少し気持ち悪いことになる。

f:id:p2ike:20150317084614p:plain

この違和感はどこからくるのか考えてみると、
顔が平面になりすぎていることが見えてきた。

確かに実際に平面として考えている部分が多いので、
間違いではないのだけれど、平面であるがゆえに
大体45度を越えると変化が急になりすぎる。

f:id:p2ike:20150317085113p:plain

当然、本来顔はカンペキな平面ではないので、
これを強調してしまうのはよくない。

この違和感を解決するためには、
大体45度くらいの角度が付き始めた辺りから、
手前側に余裕を持たせると良さそうな気がした。

具体的には初めに奥の球を削る領域分を
手前の顔の領域に付け足す。

f:id:p2ike:20150317091100p:plain

更に、奥の目の位置は削った部分の輪郭ではなく、
球と顔の中心との間にとる。

f:id:p2ike:20150317091424p:plain

こうすることで自然と奥の目は輪郭に重なるようになる。

まとめ

まだ試行回数が少ないのでなんともいえないけれど、
ちょっと描いてみた感じだと今のところこれが一番ラクに
自然なバランスが取れる気がした。

体本がでるまでに
それなりにでも顔はラクに描けるようになっておきたいところ。