読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#033 顔の向きを変える練習 04 - ブラシの設定と使い方を改める[FireAlpaca1.1.15]

FireAlpaca ナナメ横顔 練習 創作

ブラシの設定と使い方を改めた

f:id:p2ike:20150304194006j:plain

FireAlpacaで絵の練習を始めてから1ヶ月、
ブラシ設定が非常に面倒くさいと思っていた。

しかし先日少しのショートカットと
機能を覚えるだけで格段に使いやすくなることが分かった。

これまでの使い方と問題点

#005-2 環境を少し最適化した(FireAlpaca&ペンタブの設定) - I wanna be the お絵かきマン

僕はこれまで、5日目に書いたように
使いたいブラシの設定を全て保存しておく方法をとっていた。

f:id:p2ike:20150205232426p:plain

この設定は、確かにいつでも設定を間違わずに
同じ線が引けるという点ではとても便利ではある。

しかしこの方法。
描きたい線が増えれば増えるだけ、
とんでもない数のブラシ設定を作らなければならない。

ブラシを増やすこと自体は問題ないのだけれど、
FireAlpacaのブラシ設定には、
最小限の機能しかのっていない。

せめてレイヤのように
ディレクトリ分けなんかができればいいが、
現状ではブラシが増えると少しペン先を変える度に
ブラシウィンドウをスクロールしなければならない。

ポインタをマウスで動かしているならまだしも、
ペンタブを使ってスクロールさせるのは意外と気を使う。

すごい機能に気が付いた

ぼーっと絵を描いていたとき、
ふと画面下をみると、こんな表示が。

f:id:p2ike:20150304195152p:plain

CTRL+ALTで左右ドラッグするとブラシサイズを変更・・・?
試してみる・・・。

!!!!!!!!!!!!!!

まじかよ!
ブラシサイズ変わったよ!!

ショートカットが少し押しにくくはあるが、
これを覚えると実に画期的。

今まで色を塗るようにペン先を太い、中、細いなどと
無駄に細かく設定していた設定が全て消せることになる。

消しゴムツールにも適用される

更に重要なのが、
これで消しゴムのサイズも変えられるということ。

今までずっと
いちいちスライダーでサイズを変えるのが面倒なことから
デフォルトの消しゴムは必要ないと思っていた。

それゆえ消しゴムはブラシで
大、中、小と細かく設定を分けたものを使っていた。
ところがこのショートカットを覚えれば、
消しゴムのサイズを自在に変えることができる。

f:id:p2ike:20150304200309p:plain

アホみたいに増えた消しゴムの設定。
これが全部必要なくなる。

消しゴムとブラシのショートカットを覚える

更にさらに、
消しゴムとブラシのショートカットを覚えることで、
ちょっと間違ったときでもいちいち遠いツールバー
クリックしなくて済むようになる。

今まで

f:id:p2ike:20150304201018p:plain

これから

f:id:p2ike:20150304201221p:plain

  • Bキーでブラシに変更
  • Eキーで消しゴムに変更