読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#028-2 表情と表情筋と顔パーツの動きについて考える

表情を描き分けたい

f:id:p2ike:20150228142208j:plain

#025-3 表情と筋肉の関係についてそれなりに考える - I wanna be the お絵かきマン

半目

上瞼が半分くらい降りている状態。
瞬きのとき、眠いときなど。

瞳と下瞼は動かずに
上眼瞼挙筋のみの働きで眉毛には影響がでない。

閉じた目

上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)で目が閉じた状態。
瞳と下瞼は動かずに上眼瞼挙筋のみの働きで眉毛には影響がでない。
下瞼の位置に沿うように緩やかな弧を描く。

表情

無表情

どこにもチカラが入っていない状態。
感情が表現されないため実際には殆ど使われない表情。

f:id:p2ike:20150228134601p:plain

笑う(弱め)

大頬骨筋(だいきょうこつきん)の影響で
口角が上がることによって、下瞼の形が上側に盛り上がる。

f:id:p2ike:20150228134856p:plain

笑う(強め)

笑う目と同様に大頬骨筋の影響で口角があがることによって、
閉じた目の形が大きく変化する。

f:id:p2ike:20150228135057p:plain

大笑い

笑う(強め)に更に眼に力が入るため、
眉が少ししゅう眉筋に沿って下がる。
ただしおそらくこれは眼輪筋の影響なので、
眉間にシワは描かないほうが良い。

f:id:p2ike:20150228135335p:plain

驚き(弱め)

前頭筋(ぜんとうきん)と上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)によって、
通常よりも上瞼があがった形。

実際には瞳のサイズは変わらないが、
目を見開くことによって白目が増えることから、
デフォルメの表現として瞳を少し小さく描くことで、
雰囲気を出すことができる。

f:id:p2ike:20150228135714p:plain

驚き(強め)

驚いた目(弱め)から
更に眼輪筋(がんりんきん)の働きが追加され、
より目が見開いた状態になる。
眼輪筋の影響で下瞼も少し下がる。

デフォルメの表現として
瞳をより小さく描くことでより驚いた雰囲気が出る。

f:id:p2ike:20150228135958p:plain

困り

しゅう眉筋の働きで
目の周りの皮膚が内側によることによって細目になる。
基本的に眉毛の形と口の形で表現される。

f:id:p2ike:20150228140215p:plain

怒り

しゅう眉筋の働きで目の周りの皮膚が内側による。
実際には怒っても眉毛がナナメにあがることはない。

f:id:p2ike:20150228140502p:plain

デフォルメ表現では眉毛が外側に向かってあがるのは、
おそらく怒りの表現として
顔をフカンで描くことが多いからではないかと思う。

f:id:p2ike:20150228140734p:plain

怒り(強め)

より強い怒りを表現するために目を見開かせる。

f:id:p2ike:20150228140922p:plain

悲しみ

しゅう眉筋の働きで目の周りの皮膚が内側による。
また、眼輪筋にチカラが入ることで眼が細くなる。

口角下制筋が働き口角が下に引っ張られる。

f:id:p2ike:20150228141106p:plain

悲しみ(強め)

より強い悲しみを表現するためには目にチカラを入れる。
目にチカラが入ることで眼輪筋によって
下瞼の位置が持ち上がる。

更に笑筋が口を横に引っ張ることで
下だけでなく横にも口が広がる。

f:id:p2ike:20150228141444p:plain

疑い

不安定な感情を表現するために
複数の表情を左右で別に表現することが多い。

f:id:p2ike:20150228141645p:plain

全部表示させたら

完全にホラーになった。

f:id:p2ike:20150228142046p:plain