I wanna be the お絵かきマン

描きたいものを描きたい。最近かなり忙しいので不定期更新

#004 顔の描き方本が届いた

§ 今日の一枚

f:id:p2ike:20150204181028j:plain

注文しておいた顔の描き方についての本が届いた。

【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

全11回。早速第二回まで読んだ上での今日の一枚。
周りに描いてあるのはスペースが余ったので描いてみただけ。
正面顔以外はまだよく分かっていない。

§ "絵を描く前の心構え"が足りない

みんなも何も考えずただ描くだけのループに陥ってはいないかい?
ん~・・・上手くならん・・・

なによりもコレ。 本のあるひとコマに書かれたコレ。
そして第1回の終わり、まとめの部分の一行。

僕が絵を描き始めたころ、
絵は数さえこなしていれば上手くなっていくものだと思っていた。

まさにコレ。
今でこそこうしてこういった本を手に取るくらいに反省しているけれど、
つい数ヶ月前までは本当にこれだった。

§ 数ヶ月前の自分

今のところ自分の中でそれなりにまともに描けた絵しかアップしてないから、
説得力がないかもしれないが、ここで3ヶ月くらい前の僕が描いた絵を
恥を忍んでアップしてみようと思う。

f:id:p2ike:20150204183617j:plainf:id:p2ike:20150204183615j:plainf:id:p2ike:20150204183621j:plainf:id:p2ike:20150204183621j:plainf:id:p2ike:20150204183621j:plainf:id:p2ike:20150204183623j:plainf:id:p2ike:20150204183624j:plainf:id:p2ike:20150204183626j:plain

ウソみたいだろ・・・?
コレ、全部同じ顔を描こうとしてるんだぜ・・・?

実はこれらはアタリの重要性を考え始めた当時のもの。
つまり今まで描いてきた絵の中ではまだ良い方の絵ってわけだ。

僕は長年同じ顔が描けないという問題に苦しんできた。
それは練習が足りないからだと諦めてそこで思考停止していた。
どうして描けないのかという問題に本気で取り組んでこなかった。

§ 絵を描くことに本気で取り組む

ネットにも色々アタリについて解説してくれているサイトはたくさんある。
僕自身、それに気付いてからネットで結構調べてみた。
その結果、ある程度は考えて描くようにはなったけれどまだ足りない。
そこで今回pixivでも有名な絵描きさんの本があるということで、
やってみることにした。

f:id:p2ike:20150204184620j:plain

これは今の僕がアタリを取らずに、今まで通りの方法で描いてみたものだ。
まず顔下部の輪郭を描き、大まかな頭のラインを引き、
アタリを取らずに顔のパーツを描いていく。

既に割とバランスについて意識がいくようになっているので、
先に貼った8枚の絵に比べれば割とマシに見えると思う。
しかし、本に描いてあるように『描いた後』からアタリ線、骨を描きこんでみる。

f:id:p2ike:20150204185236j:plain

ズレまくりじゃないですかヤダー!

§ 今日の反省

今まで目を背けていた世界がみえてきた。
僕がなんとなくで絵を描き始めたのは小学生のころだ。
たまに描いてみて、少しでも気に入った絵が描ければ満足してペンを置いていた。

もっと早くから行動を起こしていれば、
もっと違うお絵かきライフが過ごせていたかもしれない。
反省すべきことだらけだが、まだ遅くないはずだ。これから頑張りたい。

§ 今後の課題

まだ最初の方しか読んでいないが、
この本は僕の中のモヤモヤをいくつも取り払ってくれた。

これからキャラクターの個性の出し方や
色々な顔の向きについても学べると思うとワクワクが止まらない。

去年の10月に体本も出たそうで、そちらも視野にいれて進めていきたいと思う。
ここからが本当のはじまり。